楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードを作ってみた

楽天ビジネスカード

まずは、楽天ビジネスカードのカードスペックから。

ブランド VISA
年会費 初年度 2,000円(税別)
2年目以降 2,000円(税別)
追加カード
ETCカード 1枚目無料、2枚目以降500円(税別)
利用限度額 300万円
発行期間 約1週間
ポイント還元率 1%
ポイント有効期限 1年
対応電子マネー
保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険

※申込み条件/20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)、及び個人事業主の方
※海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険は楽天プレミアムカードのみの付帯

楽天ビジネスカードは、単体では申込みすることができませんので、楽天プレミアムカードとの同時申し込みとなります。

すでに、楽天プレミアムカードを持っている場合は追加で楽天ビジネスカードの申込みが可能です。

つまり、年会費としては楽天プレミアムカード 10,000円(税別)+ 楽天ビジネスカード 2,000円(税別)が必要です。

引き落とし口座は、楽天プレミアムカードが個人名義の口座、楽天ビジネスカードになります。

あまり詳しく調べずに作ったので、後から気がついたのですが、楽天ビジネスカードは、個人与信型のクレジットカードです。

個人与信型とは?

個人与信型とは、個人の与信枠に対してカードの利用枠を付与しているものです。
個人カードの利用枠を使ってしまうと法人カードの利用枠が制限されます。

個人カードと個人与信型法人カードを併用した場合

・Aさん自身の与信枠 200万円
・Aさん自身の個人カード与信枠 200万円
・Aさん自身の法人カード与信枠 200万円

個人カードを限度額いっぱいの200万円利用すると法人カードは利用できなくなります

結局、総枠で200万円の利用限度額になるので、個人カードと法人カード合わせて400万円利用できるのかと思いがちですが、実際には200万円しか使えません。

実際に使ってみるとわかりますが、これはかなり不便です。。。

限度額300万円は楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを併せた額なので、それより増えることもありません。

これに対して多くの法人カードは、法人与信型です。

法人与信型とは?

独立した与信枠を与えるもので個人カード与信枠とは完全に別管理になります。
ですから、新たな与信を受けることができます。

個人カードと法人与信型法人カードを併用した場合

・Bさん自身の与信枠 200万円
・Bさん自身の個人カード与信枠 200万円
・Bさん自身の法人カード与信枠 200万円

この場合は、個人カードで200万円+法人カードで200万円の合計400万円利用可能です。

ということで、楽天ビジネスカードは特に何か優れている点があるかというと微妙と言わざるを得ません。

プライオリティパスが目的であれば、楽天プレミアムカードに付帯しているのでそもそも不要。

そして、年間200万円以上利用すると翌年年会費が10,000円(税別)になる セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード にプライオリティパスが付帯しているので、2年目以降はこちらの方がコスパが良いです。

さらに、支払いサイクルが最長64日で限度額1,000万円なので使い勝手もこちらが上。

楽天ビジネスカードのメリットを強いて言うなら、還元率が1%ということぐらいです。

楽天ビジネスカードの申し込みから到着までの流れは、

申込み → 5営業日ほどで返信用封筒が到着 → 必要書類を同封して返送 → 審査 → 必要書類到着後、約2周間で届く

です。

個人的には、利用満足度が高い アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード が一押し。
※当サイトから入会で初年度年会費無料の特典付き

プライオリティパス狙いなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード がオススメです。