JCBゴールド法人カード 比較

JCBゴールド法人カード比較

JCBゴールド法人カードにはポイント型とキャッシュバック型の2種類があります。

以下ではJCBゴールド法人カード(ポイント型)とJCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)を比較してみました。

JCBゴールド法人カード(ポイント型)
JCBゴールド法人カード(ポイント型)
JCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)
JCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)
お申し込み対象 法人または個人事業主(※カード使用者は、18歳以上の方が対象) 法人または個人事業主(※カード使用者は、18歳以上の方が対象)
年会費 初年度年会費無料
本会員 10,000円+税
追加カード 3,000円+税
初年度年会費無料
本会員 10,000円+税
追加カード 3,000円+税
発行期間 2~3週間 2~3週間
還元率 0.5%~ 最大3%
必要書類 法人の本人確認書類、代表者または個人事業主の本人確認書類
法人の本人確認書類、代表者または個人事業主の本人確認書類
カード利用枠 個別設定 個別設定
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 最高500万円
※国内・海外でのご利用が対象
最高500万円
※国内・海外でのご利用が対象
キャンペーン情報 新規入会&条件クリアで最大12,000円分プレゼント! 新規入会&条件クリアで最大12,000円分プレゼント!
申込み 公式サイトへ 公式サイトへ

JCBゴールド法人カード キャッシュバック型とポイント型の違い

上記のとおり基本的なスペックは同じです。

違う点は還元方法だけです。JCBゴールド法人カード(ポイント型)はカード利用ごとにポイントが貯まり、JCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)はカード利用額に応じて交通費や出張旅費がキャッシュバックされます。

キャッシュバック型

【キャッシュバックの仕組み】
カードの利用金額に応じて翌月の交通費・出張費・接待費・通信費などがキャッシュバックされます。キャッシュバック率は最大3%
ただし、利用金額が5万円未満の場合は、キャッシュバックの対象となりません。

注意しなけばいけないのは、利用内容がJR・高速道路・ガソリン・タクシー・レンタカー・航空券・宿泊・旅行代理店での利用のみであって、何でも対象になるわけではないということです。

キャッシュバック対象金額の上限は月間50万円までとなっています。
※海外での利用はキャッシュバックの対象外

そして、キャッシュバックの上限金額は15,000円です。

ポイント型

カード利用金額1,000円につき1ポイントが貯まります。海外での利用ならポイント2倍
また、JCB ORIGINALシリーズ パートナー店の利用でポイント2倍以上、Oki Doki ランド経由でのネットショッピングで最大20倍のポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは商品との交換、マイルや各種ポイントとの交換、お買い物に利用するなどができます。

ギフトカードの場合は、1,050ポイントで5,000円分のJCBギフトカードに交換できます。

還元率だけを見るとポイント型は0.5%~と一般的な還元率で、キャッシュバック型は最大3%なので、一見キャッシュバック型の方がお得に感じるかもしれません。

しかし注意しなければならないのが、3%の還元を受けるには月間100万円以上が必要な点です。

しかも利用内容は交通費や宿泊費などに限られている上に、利用金額が5万円未満の場合は、キャッシュバックの対象となりません

営業や出張などでカード決済する額が多いのであれば取得する価値はありますが、そうでなければポイント型の方がお得なのです。

管理人もJCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)ではなく、JCBゴールド法人カード(ポイント型)を保有しています。

ポイント型であれば、とりこぼしがないのでポイントがザクザク貯まります

貯めたポイントは、JCBギフトカードに交換して好きな商品を購入しています。

キャンペーン公式サイトはこちら