法人カード 審査

法人カードの審査

法人カードの審査方法

一般的に法人カードの審査でチェックされるポイントは次の2つです。

  • 会社の設立年数
  • 代表者のステータス

一般的には「設立から3年以上」が審査のラインと言われています。法人や個人事業主で3年以上経過していれば信頼度が高いからです。

しかし3年以上経過していれば確実に審査に通るかといえばそうとは限らず、あくまで「基準」ですので、3年未満でも審査に通るケースも多くあります。

以前は「黒字決算かどうか」も審査の重要なポイントと言われていました。

そのため決算書の提出が必要だったカード会社が多くありましたが、最近は個人で起業する人も増えたためか必要書類として決算書の提出を求められることはほとんどありません

提出書類に登記簿謄本が入っている場合は、会社を設立してからの年数などは加味されると想像できます。

事業を始めたばかりだとまだ決算も迎えていない場合もあるので、業績に関してはそれほど気にする必要はありません

また、会社の状況だけでなく、その会社を経営している代表者個人の情報も見られることがあります。

代表者の年収、クレジットヒストリーなどです。

会社に問題がなくても、代表者が過去に返済トラブルや遅延・滞納などがあって個人信用情報機関の情報に事故記録がある場合、審査に落ちることがあります。

逆に代表者がゴールドカードやプラチナカードなどのステータスの高いクレジットカードを所有していれば、信頼があるとみなされて法人カードの審査も通りやすくなることがあります。


法人カードの審査に通るコツ

・申込時に記入や入力ミスがないかをしっかり確認する

記入ミスや入力ミスなんてまさか、と思うかも知れませんが、審査に落ちる理由としてこれが結構あるのが事実です。

誤字・脱字はないか、生年月日は西暦と和暦を間違っていないかなどは特に間違えやすい項目ですので、最後にしっかりと再確認しましょう。

クレジットカードは、「信用」を担保にしてお金を貸してくれるサービスですから、発行側からするとクレジットカードの申込内容すらまともに書けないようでは信用するに値しない個人あるいは法人だと判断するのは当然だということがわかるでしょう。

もちろん、虚偽の内容を申告するなど論外です。

・自分(自社)にあったカードを選ぶ

「法人カード」「ビジネスカード」と一口に言っても、実は「法人格を持った代表者」と「個人事業主」で申込み窓口が異なる法人カードがあります。

アメックスやEX Gold for Biz iD QUICPayなどはその例です。

カードの券面自体は同じですが、申込時に必要となる書類やカードの機能に違いがあったりします。

EX Gold for Biz S iD QUICPay は個人事業主向け、EX Gold for Biz M iD QUICPay は法人代表者向けです。

このようなカードの場合、個人事業主が法人向けカードを申込んだりすると審査に落ちるのは容易に想像できると思います。

・固定電話はある方がよい

カード会社として最大のリスクは貸したお金を回収できないこと。

つまりなるべく信用できる人にカードを発行したいと言うのが本音です。

最近は、固定電話を持たない事業主も増えていますが、やはり信用という面においては固定電話は重要です。

携帯電話だけだと実際の所在地を把握することは難しいですが、固定電話はその住所に会社が存在しているという証明になるので審査通過率はぐ~んとアップします。

起業して間もない場合は、カードのスペックよりもカードが作りやすいかどうかで選ぶのがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード または EX Gold for Biz iD QUICPay のいずれか。

また、作りやすさという点で見ると同じ法人カードであっても時期によって審査通過率が高い時と低い時があります。

審査通過率が高い時はいつかというと、カード会社が積極的に新規顧客を獲得しようとしている時です。

それをどのようにして知るかというと、1つの目安としてインターネットや他の媒体で入会キャンペーンの広告を出して露出が上がっている時です。

広告をよく見かけるということは、カード会社が広告予算を割いて新規顧客を集めようとしているわけですから、当然審査も柔軟になるというわけです。