法人カード コスト削減

経理の効率化とコスト削減

法人カードは経理の効率化とコスト削減に大いに役立つアイテムです。

法人カードが持つ5つのメリット

事務処理の軽減

出張時の交通費や宿泊費、そして得意先との接待。
その後に必ず待っているのが、立替払いや仮払いの面倒な精算業務。
法人カードを使えば清算事務が大幅に軽減されます。

現金で立替える場合
バラバラに精算すると事務処理が多くて大変。

法人カードを利用した場合
立替が不要
利用明細があるので、精算がカンタン

従業員一人当たりが1ヶ月にかける経費精算の申請時間を大幅に削減
運賃確認、入力作業、糊付けなどの経費精算のムダ取りに成功。

振込手数料の削減

オフィス用品や公共料金、電話料金など、経費の支払先がバラバラだから振込手数料もその分かかってしまいます。
法人カードなら振込手数料がかかりません。

個別に振込む場合、時間も手数料もかかります。

法人カードで支払う場合、指定口座からまとめて自動引き落とし
支払先の一本化によって伝票枚数も削減できます。

もちろん、振込手数料は0円

ポイントの活用

法人カードを経費の支払いに利用することで、カード利用金額に応じたポイントが還元されます。

公共料金の支払いなどで毎月相当な金額の支払いをしている場合は、大量のポイントを獲得することができます。

還元されたポイントは色々な景品(ギフトカードなど)やマイルと交換することができます。

社員の福利厚生費、備品と交換することで間接的に経費の削減に役立ちます。

経費の見える化

プライベートのカードをビジネスで併用すると私用と経費の判別が困難。
法人カードを利用し、カードを使い分けることで公私の支払いが明確になり、経費の「見える化」が図れます。

月々の利用明細書でいつ・どこで・何にお金を使ったかも確認することができます。

これによってより明確な透明化された決済の把握が可能で、内部統制の強化にもつながります。

国内・海外出張時の傷害保険

海外や国内の主張において思わぬ怪我や病気は不安要素の一つ。
旅行傷害保険がついてる法人カードなら充実の付帯保険で出張に安心をプラスできます。


経費削減におすすめの法人カード

■ポイントを貯めて経費削減

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード JCBゴールド法人カード エグゼクティブ ゴールド フォービズ
ポイント
還元率
1% 0.5%~0.75% 0.6%~1.1%

常に還元率1%(※「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録時)のアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはポイント有効期限もないのでおすすめです。

年間利用金額が200万円を超えるのであれば、翌年度から還元率1.1%になるエグゼクティブ ゴールド フォービズが一番お得です。

■マイルを貯めて経費削減

マイルを貯めて特典航空券に交換すれば、タダで飛行機に乗ることができるので出張費を節約することができます。

1マイルあたりの価値は、

エコノミークラス < ビジネスクラス < ファーストクラス

の順に高くなり、

国内線 < 国際線

の方が高くなります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

SAISON MILE CLUBに無料登録すれば、JALマイルと永久不滅ポイントが同時に貯まり還元率は1.125%になります。

JALマイルを貯めるのであれば迷わずに持ちたい法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

「メンバーシップ・リワード」は、カード利用額100円につき1ポイントが貯まります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費3,000円(税別))に加入すると1,000ポイント→1,000マイルの交換レートでマイルに移行できます。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入しない場合のマイル還元率は、0.5%ですが加入することで1%になります。

■接待交際費を節約

JCBプラチナ法人カード

「グルメ・ベネフィット」

国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分が無料になる優待サービスです。

2万円のコースメニューであれば、通常は2名で4万円ですがグルメ・ベネフィットを利用すれば2万円で済みます。

1名分が無料になるからと言って内容をケチったサービスではありませんので、接待でも十分に使えます。