法人カード 経費

経費の公私混同を回避

法人カードを使うことで公私の区分が明確に

個人のカードを経費精算に使っていると、個人的な経費と事業上の経費が一枚の明細書の中で混在する形になります。

そうするとそれを振り分ける作業が煩雑になるということと、当然ミスが出ます。

人的な作業でミスが出る可能性があるものは、なるべくなくさなければ本当に効率化されたということはできません。

法人カードを利用し、カードを使い分けることで公私の支払いが明確になり、経費の「見える化」が図れます

月々の利用明細書で何にお金を使ったかも確認することができます。

そして、事業上の経費の中に個人的な出費を入れ込んでしまった場合に、それは税務調査の中で否認されます。

そういうリスクを排除するという意味でも法人クレジットカードを利用することは有効です。